テアトルアカデミー子役の横山歩くん

横山歩くんは、テアトルアカデミー所属の子役タレントです。
最近では、第二の鈴木福くんとも言われ、様々なドラマなどに出演し、活躍しています。

横山歩くんは、2008年生まれです。
初めてドラマに出演したのは、「サイレントプア」というドラマで、当時まだ5歳でした。
この初出演のドラマで、名前のついた役を演じたそうです。

その後、「花子とアン」や「世にも奇妙な物語」など有名なドラマに出演していきます。
そして、木村文乃さん主演の「マザー・ゲーム~彼女たちの階段~」では、主人公の息子役を演じました。
物語の主となる役を演じていくようになりました。

2016年は8本、2017年は6本のドラマに出演しています。
単発や特定の話だけの出演の場合もありますが、1年間でこの出演量はすごいですよね。

歩くんは多くのドラマに出演していますが、ヒップホップダンスが得意だそうです。
また、水泳や器械体操もしているようで、演技だけでなく他の分野でも活躍が期待できそうですね。
本当に多才でスゴイですよね。

最近では、テアトルアカデミーのピックアップタレントにも入っており、今後の看板子役になっていきそうな勢いが止まらない横山歩くんです。

2018年は1月~3月の3か月間で、

超入門!落語THE MOVIE『めがね泥』(2018年2月8日、NHK)- 定吉役
特命刑事 カクホの女(2018年2月9日、テレビ東京) – 加山翔太 役
科捜研の女 season17 第13話 (2018年2月15日、テレビ朝日) – 滝沢昴 役
眠狂四郎 The Final (2018年2月17日、フジテレビ) – 小弥太 役
大岡越前 4 最終回 (2018年3月2日、BSプレミアム) – 清吉役

5本のドラマに出演しています。

人気子役なので、それだけオファーが来るようになるんですね。

横山歩くんの益々の活躍に期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です