テアトルアカデミーの社員が大事にしていること

どの会社でも、その会社ごとに大事にしていることがありますよね。
その行動理念をクレドといいます。

テアトルアカデミーの会社イメージ

テアトルアカデミーにもクレドがあります。
スタッフ個人個人の考えで行動してしまうと、会社としての行動と違った動きになってしまいます。

そして、クレドは一度決めたらそのままではなく、時代の流れに応じて、適宜修正を施していくことをテアトルアカデミーでは行っています。

エンターテイメント事業を行う社員として、大事なことを常に忘れないよう、クレドは存在しています。

テアトルアカデミーのクレドは全部で20項目あります。

その中身を簡単にご紹介していきます。

・エンターテイメント事業を行うものとして、業界内外で最高級の人材育成を行うこととし、さらには社会貢献を目指していくこと
・礼儀やマナーを何より大切にしていくということ
・コミュニケーション力、発表能力をつけていくこと
・プロフェッショナルとして仕事を行うこと
・仕事を効率化させていくこと
・否定的な言葉を使わない人柄の良い人を目指していく
・「できない」ではなくできる方法を探していく
・提案ができる人になる
・挨拶を基本とし、自分から明るく大きな声であいさつをすること
・時間を大切にして、遅刻は絶対にしないこと
・電話対応を徹底すること
・目標を決め、それを達成するように努力すること
・整理整頓をし、常に清潔な状態を保つこと
・安全を第一に考えて行動すること

テアトルアカデミーでは、このようなクレドを抱え、社員教育を行っています。
このような社員の質をあげていくことで、質のいい子役を育てることができると考えています。

子役がまず学ぶのは、近くにいるテアトルアカデミーの大人たちからです。
その大人たちが、いいお手本になるよう、日々スタッフたちも精進しているのが特徴です。

このような整った環境があるからこそ、国内最大手の子役プロダクションに成長したということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です