テアトルアカデミーの会社概要から見えてくること

テアトルアカデミーの部門

テアトルアカデミーの正式名称は、「総合芸能学院テアトルアカデミーの」です。
創立は1980年でもう40年弱の歴史があるんですね。
芸能界や演劇界やそのほかにもいろんな分野で活躍する子役タレントたちを育ててきました。

テアトルアカデミーは、タレントの育成だけの枠に収まらず、関連する事業もさまざまなことを行っています。
そして、それぞれの部門に分かれ、ひとつひとつの部門を充実させているんです。

教育部門

・・・タレント養成やタレントになるための人格形成を主に行う部門

出演部門

・・・厚生労働大臣も許可している出演斡旋を行う部門

プロダクション

・・・マスコミや舞台などにおける実績を積んでいる部門

劇団部門

・・・海外公演やオリジナル舞台公演を推進している部門

企画制作部門

・・・自社で製作する映画やCMを扱う部門

このように、ただタレントを育てていくだけでなく、自社で製作を行ったり、舞台をつくったりなど
芸能に関する事業を多く手掛けているプロダクションです。

テアトルアカデミーの歴史

1980年11月に総合芸能テアトルアカデミーが創設されました
その後、1985年に浅いプロダクションが設立されました。
現在は、その名を浅井プロダクションからATプロダクションへと変更しています。
ATプロダクションに所属するタレントは、全員がテアトルアカデミーを卒業しているタレントです。
1990年12月には、現厚生労働省からの許可されました。
2000年には、それまでなかった赤ちゃんモデル部門も立ち上げられ、0歳から3歳の子供を赤ちゃん部門という形で運営していくようになりました。
2005年には、所属タレントのうちの40歳以上で構成するシニア部門(エイジレス部門)をつくりました。

1980年から2009年までは、東京にのみ校舎がありましたが、2009年を境に、全国に校舎を展開して行きました。

まず、最初にできたのが大宮校です。大宮校は2009年7月に開校しました。
その後あれよあれよと横浜校が2009年10月に開校。
2018年の夏には大阪校もできました。

この時は、西日本にあるテアトルアカデミーの後者は大阪のみでした。
2年後には福岡校も作られ、九州や中国地方の方は福岡校に通われるようになりました。

当時、鈴木福君を中心とした一大子役ブームが巻き起こっていましたから、その後もどんどん所属子役が増え、
名古屋、千葉県の松戸校(現在柏校)、札幌校、仙台校、岡山校が作られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です