テアトルアカデミーの看板子役鈴木福君

現在のテアトルアカデミーの看板子役といえば、誰もが知る鈴木福君でしょう。
現にテアトルアカデミーHPのトップページでも大きく写真が掲載されています。
それだけ稼ぎ頭になっているということもいえるのではないでしょうか。

鈴木福くんの経歴

まず、鈴木福くんの経歴についてみていきましょう。
鈴木福君の芸能界デビューはなんと1歳の頃。
NHK教育テレビ(現Eテレ)の人気赤ちゃん向け番組「いないいないばあっ!」にレギュラー出演していたのです。
赤ちゃんがいるご家庭では一度は見たことがある有名な番組です。
そんな赤ちゃんの頃から芸能界にいたとは驚きですね。

その後も、テアトルアカデミーでレッスンを受けながら様々なドラマや映画に出演します。
単発もののドラマから、NHKの朝ドラまで、数か月に1本のペースで出演していました。

鈴木福君の名前が全国的に有名になったきっかけは、芦田愛菜ちゃんと双子役で共演した「マルモのおきて」でした。
このドラマをきっかけに歌手デビューも果たします。
デビュー曲は「マルマルモリモリ」です。

同年には、「妖怪人間ベム」のベロ役で出演し、話題となりました。
2012年には、わずか7歳で「徹子の部屋」に出演しました。
史上最年少ゲストとして出演する形となりました。

また、ポンキッキーズのメインキャストをにも選ばれました。
この時共演したのが、谷花音ちゃんで、同じテアトルアカデミー所属の子役さんです。

2014年からは10歳にしてブログを開設しました。
「笑う門には福ブログ」という名前をもじったブログタイトルで、人気ブログとなりました。

その後も、テレビドラマやCM,バラエティ番組で大活躍している鈴木福君。

福君は、ファンとの交流も大事にしており、福君と行くバスツアーなる企画がJCBで行われ、抽選で選ばれた40名が、福君と一緒に交流しながら日帰り旅行を楽しんだりします。
その様子は、テレビでも紹介されていました。
バスの車中では福くんに関する映像が流れたり、まさにファンにとっては夢のような1日になったようです。

2018年現在は、中学生になった福君。
芸能活動は積極的に続けており、6歳の頃共演していた芦田愛菜ちゃんとのバラエティでの共演もありました。
大人になった二人を見るのは新鮮でしたよね。

もはや、鈴木福君はテアトルアカデミー所属の子役の中でも一番有名な子役ですが、それだけの魅力を兼ね備えていると思います。
このままピュアな心を持ったまま大きくなってほしいですね。